Professional musician

プロミュージシャンコース

楽器で自分を表現し、バンドでひとつになる!
音楽の素晴らしさが見えてくる!

楽器未経験者には基礎から分かりやすくレッスン。
カリキュラムが進めばテクニックやバンドアンサンブルなどプロになるために必要なスキルと経験を身に付けます。作曲ではDTMというコンピューターを使用した楽曲制作を学びます。

専攻

  • ギター専攻
  • ベース専攻
  • ドラム専攻
  • キーボード専攻
  • 吹奏楽専攻
  • 楽器&ヴォーカル専攻
  • 作曲・編曲専攻

教育カリキュラム

高等課程必須カリキュラム

音楽 / IT / 国語 / 英語 / 数学 / 社会 / プロジェクト / など

選択カリキュラム
(各コース専門科目+他コース選択科目)

ギターテクニック / ベーステクニック / ドラムテクニック / キーボードテクニック / 金管・木管楽器テクニック / 楽器アンサンブル / コンピューターミュージック / 作編曲法 / プライベートレッスン / 韓国語 / など

1週間のカリキュラム例

あなたが目指すアーティストになるためにあなたの夢に合わせてカリキュラムが組めます。

  月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
1時間目
9:20~10:50
英語 リズム
トレーニング
ピアノ 国語 ホームルーム
2時間目
11:00~12:30
音楽 数学 ミュージック
ヒストリー
楽器
ベーシック
バンド
アンサンブル
3時間目
13:20~14:50
イヤー
トレーニング
IT HEAT BEAT
プロジェクト
美術 バンド
アンサンブル
4時間目
15:00~16:30
    HEAT BEAT
プロジェクト
   

※土曜日も教室が空いていれば自習もできます。

先輩の声

キーボード専攻
山口 さん

私にはやりたいことがたくさんあります。
音楽をベースにファッションや絵写真に天体などを融合することが私の夢です。

中学3年生の5月、姉が資料請求したパンフレットにFSM高等専修学校が載っていました。
私も「この学校で音楽のことを学びたい」と思いましが、母に「まだ、早いんじゃないか」と諭され、一度は入学を断念しました。けれど、入学をあきらめようとすればするほど、心がからっぽになってしまいました。そこで、自分の強い思いをもう一度、母に話しました。母は、私の気持ちを理解してくれて「応援するよ」と言ってくれました。私には、やりたいことがたくさんあります。音楽をベースに、ファッションや、絵、写真に天体などを融合することが私の夢です。

開催中の体験入学をみる
ギター専攻
黄原 さん

バンドをやりながら高校卒業資格を取りたい。
それが入学の決め手でした。

中学を卒業してから進学はせずバンドだけはやっていたんです。 けれど、高校卒業資格を得ることが大事だと想い、FSM高等専修学校入学を決めました。 この3年間、大変だった分いろんなことが学べ充実していました。 朝早くからの授業を受けるのがツライ時もあったし、音楽理論を理解するのにも苦労をしました。

ギターって上手くなるだけが全てじゃない"人に魅せるギターテクニック"を学べた
ギターに関していうと。ただ「弾ければいいってわけじゃない」ことが分かりましたね。 人前で魅せるテクニックは全くちがったものでした。 そう意味で "SO.ON LIVE"は学べることが多かったですね。 もうすぐ卒業。卒業をしても、ギターを一生やり続けることが、僕の人生の目標です」。

開催中の体験入学をみる
保護者の声
坂田さんと保護者様

鳥取県から大阪のこの学校に進学させることに、最初は反対でした。ひとりで家事ができるのだろうか?大阪の街でやっていけるのだろうか?と不安が多くあったからです。
それでも「どうしても、FSM高等専修学校に行きたい」と言う娘に「家事がちゃんとできたらね」という条件つきで賛成をしました。娘がやりたいことは、ちゃんと分かっていましたから。
中学から帰り、条件をクリアするために家事に取り組む娘を見て「学校専用の寮もあるし、大阪に行かせてあげよう」と決心。入学に至りました。
入学してすぐにso.on projectに参加し、SUMMER SONIC 2012に出演させてもらった時は、夫婦そろって応援に行きました。
ステージに立つ娘を見て本当に嬉しかったです。これからも、せっかく大阪に来たのだから、ダンスや歌、so.on projectなどで活躍してほしいです。

開催中の体験入学をみる
  • オープンキャンパス
  • 資料請求
  • 相談窓口